資格探し早わかり

社会から必要とされる特別な人になるために。

資格の種類や内容について、やさしく解説しています。社会から必要とされる人になるための資格えらびをサポート。人生を大きく好転させるための切り札となる資格は、あなたをいっそう輝かせる財産でもあるのです。

資格を取得する意味

資格は財産

資格には有効期限のあるものとないものがあります。もし有効期限のない資格を取得したならば、それは生涯の財産ということになります。

若いうちはまだ、やる気をアピールすれば、のびしろの分も評価されて希望に近い条件での就業も夢ではないでしょう。

ですがそれはつまり、年を重ねるごとに若い応募者にハンデを強いられてしまうということでもあるのです。ここで慌てて資格を取ろうとしても、そうすぐというわけにはいきません。

資格は取りたいと思ったとき、その勢いで取ってしまうのが最もラクです。そしてその勢いのまま、就職まで決まってしまうかもしれません。

資格を取らずに後悔することはあっても、資格を取って後悔することはないのですから。

有利に生きるためのパスポート

「良い条件で働きたい」、それは誰しもが思うことでしょう。ですが、現実は就業すらままならず、ちょっとでも条件が良いと競争率も跳ね上がってしまいます。

しかしながら、資格があれば良い条件で就職できるか、というと、実は必ずしもそうではありません。

ですが例え素晴らしい求人を見つけたとき、もしライバルたちが全員、資格保持者だったとしたら、他のところで自分が大いに優れていることを証明することが必要です。

資格の取得は向上心の表れでもあります。それもまた、企業から求められている資質でもあります。

そして、ライバルと同じスタートラインに立つという意味においても、資格の取得は決して無意味ではないはずです。

努力次第で誰にでもチャンス

資格の取得はトーナメントとは違います。資格は優勝者だけのものではありません。誰にでも努力を重ねれば手の届くところにあるのです。やる前はどんなに不可能に思える資格でも、決して人ごとではありません。

自分を変えるために

資格を取れたときの喜びは、まさに想像以上のものです。特に誰からも無理だと言われた資格を取れたときなどは、一生の支えになると言っても大げさではないくらいです。自分に秘められた可能性に気づき、何でも出来そうな気にさえなります。

より高みを目指して

ひとつ大きな壁を突破することで自分の可能性が大きく開けてくるのを感じることがあります。

せっかく取るなら有利な資格

資格の中には難易度がそれほどでもなくても、取得すると想像以上に有利な資格があります。もちろん、自分の夢をかなえるために、どんな困難も乗り越えて取得するのも大いに価値があります。

ですが、この冷え込んだ社会で上手に生きていくために資格を取得するのであれば、派手さはなくとも、堅実で年を重ねても有効に使える資格をひとつは持っておきたいものです。

余談ながら私はIT系の資格を中心に取得していますが、これは若いうちには良くても、年を重ねるごとに資格はあまり就業には有利ではなくなるというのが実感です。

もっともIT系には業務経験の方が重用視されるので、年を重ねた頃に抱負な経験があれば問題はないでしょう。でも30代以降から転職を考えるなら、他にも有利な資格もあるということです。

需要がある資格を見つけよう

取ったは良いけど、なかなか就業がたいへんな資格もあります。興味のある資格がいくつかあるのであれば、就業しやすい資格を選ぶ方があとあと楽です。

需要に対して取得者が少ない資格を見つけよう

知名度の高い資格よりも、ややマイナーな資格の方が就業には有利な場合があります。それは取得者が少ないということもありますが、私たちにはマイナーでも、その業界ではメジャーだったりするからです。

このような資格ならば求人が少なくても就業しやすく、なかなか見つからない人材は職場でも大事にされることが多いです。

適度な難易度の資格を見つけよう

資格には易しいものもあれば難しいものもあります。ですが、ひとつは主力となる、骨のある資格を持つのがおすすめです。

ただし、これは何年も勉強しないと合格できないような資格ということではありません。取るには少なくとも本格的に勉強しなくてはなりませんが、合格率はそこそこのところという資格です。

誰もが持っているような簡単な資格では就業で有利になることはできません。これではせっかく資格を取る意味も半減してしまいます。自分自身で「これはちょっと本気にならないと」と思えるような資格こそ、実にやりがいがあるというものです。

もし色々な資格を取りたい場合には、難しい資格から挑戦するのがおすすめです。なぜなら易しい資格は就業してから仕事の合間に取ることもできるからです。

書店に参考書のない特殊技能を身につけよう

本屋さんで手軽に買える参考書でちょっと勉強すれば取れてしまう資格も無意味とは言いませんが、それはやはり、ひとつは「どうだ!」と言えるような資格を取った後で良いと思うのです。

できればあまり持っている人のいない、ある意味、特殊技能や超能力と言えるような、そんな技術や知識を身に付けられる資格ならば、それはとても大きなアドバンテージに他なりません。

36億年におよぶ生存競争の中で生き残った生物は強い種類ではなく、環境に適応した種類でした。弱者に厳しいこの社会を丸腰で歩くのは難しくなるばかりです。社会の流れにうまく乗るための特技は、自分のみならず、あなたの大切な人々をも守ることができるでしょう。